中小企業向け通信ネットワーク活用のためのサポートサイト

今月のひとこと (太郎良 浩次)

株式会社アーツネットウェーブ 代表取締役 社長 太郎良 浩次(たろうら こうじ)の今月のひとことを掲載していきます。

2018年4月 ~新卒採用で改めて考える経営理念~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。

2月のこのコーナーでも取り上げましたが、現在弊社では2019年卒業の新卒採用に取り組んでいます。
先日、合同企業説明会に参加し、そこで出会った学生さん数名が弊社での会社説明会に足を運んでくれました。
来社いただいた学生さんのことをとてもありがたく思っています。

今回の件では、学生さんだけでなく、実は弊社の若手社員にも感謝しています。
それは彼らが、今回の合同企業説明会、そして会社説明会を準備する中で経営理念について深く考えてくれたことです。
弊社の今の経営理念は私が社長を引き継いだ後に文言を変えました。

自分としては想いを込めた経営理念でしたが、社員にしてみると今更感があったのだと思います。
なので職場に浸透しているとはいえない状況でした。
ところが今回の採用活動ではその空気が一変しました。
経営理念に込めた想いを学生さんに伝える必要があるため、若手社員の一人ひとりが経営理念について深く考えてくれるようになったのです。
独自の視点からの質問をしてくれたり、わかりやすく伝えるためにイラストにしてくれたりと、一人ひとりの持ち味を生かした準備をしてくれました。
新しい仲間になってもらう学生さんに経営理念をちゃんと説明できるようにと準備をしてくれている姿はとてもありがたいものでした。

今はまだ採用活動まっただ中でその結果がどうなるかはわかりませんが、今回の採用活動を通じて経営理念が社員たちにも浸透し始めたということには確かな手ごたえを感じています。

2018年3月 ~箱根駅伝4連覇 青学原監督の講演~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。

先日、名古屋商工会議所の主催のセミナーで青山学院大学 陸上競技部監督の原 晋さんの講演を聞く機会がありました。

講演テーマは『 青学陸上競技部 躍進の秘密 』~箱根駅伝に学ぶ人材育成術~で、とても期待をして参加しました。
内容は期待通りとても素晴らしく、あっという間の90分間でした。

そんな中で私が一番印象に残った話は、陸上競技の指導者としての実績もなく、箱根駅伝の経験もない原さんが監督に就任した最初のときの選手をスカウトしてくるときの話です。

よい選手を集めるために高校を訪問するのですが、何の実績もない監督に大事な生徒を任せられないと言われたそうです。
そのときに「10年後にこのチームを必ず箱根駅伝で優勝させる。そのための礎となるルール作りを一緒にしていこう。そして箱根駅伝に優勝したら、このチームを作ったのは君たちだと必ず言う」といって生徒を集めたそうです。
そして、彼らと共に強いチームになるための核となる部分を作り上げていったそうです。

将来の成功のためにしっかりとした計画を立て、今するべきことを伝え仲間を増やし、目標に向かってチームが着実に成長していく。その結果としての前人未到の箱根駅伝4連覇。

原さんはとてもすばらしい指導者だと思いました。

ちなみに駅伝において大事な核とは何かというと、それは「規則正しい生活」とのことで、まずは寮則の充実からスタートしたそうです。
ビジネスでそのまま通じる話に驚きました。
青学の快進撃はまだまだ続きそうですね。

2018年2月 ~新卒採用の取り組みで~

弊社では2019年卒業の新卒採用に取り組んでいます。
先日、そのためのセミナーに社員とともに参加してきました。

それによると、現状は採用氷河期とのことで大変厳しい状況とのことでした。
求人倍率(全体)が1.78倍と例年になく高い水準とのことですが、さらに300人以下の企業になると求人倍率は6.5倍と跳ね上がり、中小企業にはかなり厳しい状況が数値でもはっきり現れています。

そんな環境で採用を成功するためには、まず応募者に出会う必要があります。

私どもの会社に応募してくれる学生さんを見つけるために、会社PRや、プレゼンテーションを行っていきます。

その際に大事なことは、応募者との信頼関係づくりとのことでした。

その後面接、選考等をしていくことになりますが、その際にいい人を選考して一方的に合否を伝えるのではなく、あらゆる機会を通じて応募者との信頼関係を築くことが第一歩だと教わりました。

今までの採用活動ではそんな考えをしたことはなく、いい人の選考をどうできるのかばかりを考えていましたので、このセミナーの内容にはかなりのショックを受けました。

採用環境が厳しいことには変わりはありませんが、こうした正しい採用についての考え方を知ることができましたので、この考えを基本方針として、新卒採用で成果が出せるようにしていきたいと思います。

 2018年1月 ~陸王のロケ地~


こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
タイミングが遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の10月から放映されていた「陸王(りくおう)」という人気のドラマがありました。
見られた方もいらっしゃると思います。
原作は「半沢直樹」や「下町ロケット」などで有名な池井戸潤さんです。

このドラマ「陸王」は、埼玉県行田市の老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」を舞台に、足袋製造の技術力を生かしたこれまでにないランニングシューズの開発を、社長の宮沢を中心に試行錯誤をしながら進めていくというものです。
私も中小企業の経営者の一人として、毎週楽しみに見ていました。

このドラマ「陸王」の舞台となった埼玉県行田市ですが、実は私の実家が埼玉県で、その行田市のとなり町なのです。
そこで年末年始の帰省の際に、ドラマの「こはぜ屋」の外観を提供していたロケ地に行ってきました。

周辺は思った以上に狭い路地でちょっと迷ったのですが、路地の先にドラマと同じ外観が急に現れてきました。
おお~「こはぜ屋」さんだ!
実際の建物を目の当たりにすると、中からドラマの役者さんたちが本当に出てきそうな感覚になり、心に残ったドラマの名場面がよみがえってきました。

実家の周辺は特に何もない田舎町なのですが、このドラマのおかげで思いがけず楽しい思い出を作ることができました。
偶然とはいえ、ありがたいですね。

日曜劇場「陸王」
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

プロフィール
埼玉県出身/1967年生まれ/AB型 さそり座。
1991.3 名古屋大学工学部情報工卒業。
㈱リクルート、㈱アーツを経て、2003.7に㈱アーツネットウェーブの創立メンバー として参加。
2013.9より代表取締役に就任。情報セキュリティアドミニストレータ。

2017年11月、12月の「今月のひとこと」記事は こちら
2014年9月~2017年10月までの「今月のひとこと」記事は こちら(弊社情報サイト)

【名古屋】中小企業向け通信ネットワーク構築・保守の専門家 TEL 052-508-8411 株式会社アーツネットウェーブ
受付時間9:00-17:00(土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © ネットワークお助け隊! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.