中小企業向け通信ネットワーク活用のためのサポートサイト

今月のひとこと (太郎良 浩次)

株式会社アーツネットウェーブ 代表取締役 社長 太郎良 浩次(たろうら こうじ)の今月のひとことを掲載していきます。

2018年11月 ~クラウドITビジネスメッセ~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
「クラウド・ITビジネスメッセ 2018 in 名古屋」がいよいよ11月20日(火)と近づいてきました。

今年もアーツネットウェーブは「ネットワークお助け隊!」としてブース展示いたします。
展示のテーマは「通信環境の災害対策」と「通信の不安定の解消」です。今年は大きな自然災害もありたいへんな年になってしまいました。
災害によっては避けられない被害もありますが、事前に準備をしておくことで回避できることもあります。
各企業にあったネットワークの災害対策をお伝えできればと思っています。
社員一同お待ちしておりますので、お時間のある方は是非お越しください。

今年のクラウドITビジネスメッセの特別基調講演ですが、ビッグネームの講師が2名お越しになります。
10:30~中部大学特任教授 武田邦彦氏に『IT活用で働き方改革の実現を!』を、そして16:00~東洋大学教授 竹中平蔵氏に『第4次産業革命下の日本経済』をテーマに講演いただきます。
(詳細はWEBにてご確認下さい)
お二人ともとても有名な方なので間近でお会いできるのがとても楽しみです。
これからの10年はAI、IoTなどの普及で急激な変化が予測されています。
その中でビジネスを伸ばしていくにはどのように舵をきったらよいのか、そのあたりをぜひ聞いてみたいですね。

クラウドITビジネスメッセ2018 in 名古屋
https://www.cloud-it-messe.jp/2018_attend/

2018年10月 ~こどもおしごと体験~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
今年も吹上ホールで行われました「こどもおしごと体験」に参加しました。
この「こどもおしごと体験」は愛知の中小企業約80社が仕事の楽しさ・やりがいに触れる職業体験の場を地域の小学生を対象に提供しています。

私は今回、株式会社サンシードさんのブースでプログラミングの説明員の役をやらせていただきました。
サンシードさんのおしごと体験は、ロボホンというアンドロイドをベースにした小型ロボットを、プログラミングにより動かしてみるというものでした。

プログラミングの体験ということで難しいかというとそんなことはなくて、「SCRATCH(スクラッチ)」という子ども向けのソフトを使って行いますのでとても簡単です。
自分の命令通りにロボホンを動かすことができるので、子供たちはとても楽しそうにプログラミング体験を行っていました。

その日一日で、私は10名のお子さんの対応をさせていただいたのですが、当たり前のことではありますが子供たちは本当に個性豊かで一人ひとり違いますね。
自分でどんどんプログラミングをしていく子、ありえない回数の命令をさせようとしてみる子、どうしていいかわからないけどなにか自分でやってみたいと思っている子などなど同じタイプの子は一人もいませんでした。
そういう子供の性格に合わせて、ちょっとずつ変えてプログラミングの説明をするのが難しくもあり、面白くもありました。

子供のときって、自分の性格がまだストレートに行動に出やすい頃ですが、そういう時期にこそ職業体験をすることってとても大事なことだなと感じました。
来年、また子供たちに会えるのが今から楽しみです。

愛知中小企業家同友会 第5回こどもおしごと体験
http://www.douyukai.or.jp/news/2018/09/news-9492.html

 

2018年9月 ~スペシャルオリンピックス~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
9月23日、24日の2日間、2018年第7回スペシャルオリンピックス日本 夏期ナショナルゲーム・愛知が行われました。

スペシャルオリンピックスとは知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。
私は、23日(日)にパロマ瑞穂スタジアムで行われた陸上競技でボランティアをさせていただきました。
ボランティアの合間に競技を観戦することもできました。

アスリートの皆さん、全力で取り組んでいましたので、見ていてとても気持ちのいいものでした。
そして、みなさんとても個性的でした。

印象的だったのが5,000m走です。
スタートしてかなりのハイペースで駆け出す一人のアスリートがいました。
最初の1,000mが3分10秒でした。
2位にかなりの差をつけて快調に飛ばしていたのですが、さすがに途中からペースが落ちてきます。
一方、2位の選手も速い選手でしたが、周りに左右されず一定のペースで走るタイプの選手のようでした。
1位の選手が疲れてペースが落ちてくると、徐々に1位と2位の間隔が詰まりついに逆転した途端抜かれてしまった1位の選手がそこからまたハイペースになり、二人の間隔が開きました。
かなりの負けず嫌いのようです。
でも疲れているのでハイペースも一時で、またその間隔が詰まって順位が入れ替わります。

すると、またハイペースで走り、間隔があくということを何度か繰り返していました。

そうこうしているうちに、いよいよラスト1周となり、またもや二人の間隔が近づいてきて、これは最後どちらが勝つのか微妙な距離感にまでになりました。

1位の選手がんばれ!2位の選手がんばれ!
あともうちょっとと言うところでしたが、2位の選手も疲れていたのでしょうが、走るペースは最後まで変わらず、あと少しで優勝を逃してしまいました。

力いっぱい走って疲れてペースが落ち、後続に抜かれると俄然頑張る1位のアスリートと、1位との差は関係なく自分のペースを守り、最後まで黙々と走り続ける2位のアスリートと、二人の個性が光るレースに会場は大きな拍手に包まれていました。

二人とも自分の持ち味を発揮できた最高のレースだったと思います。

スペシャルオリンピックス日本
http://www.son.or.jp/

 

2018年8月 ~金髪漫才師のコミュニケーション体験会~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
先日、「女性と固くならずに話せる!芸人取っておきの5つのステップ!!!」というとても魅力的なテーマの講座の体験会に参加してきました。

ずっと営業でしたが実はあがり症で、人前で話をしているといつの間にか何を話しているのかがわからなくなってしまうのです。
なのでこの体験会でコミュニケーションのヒントがもらえればと思い参加しました。
講師は金髪がトレードマークの漫才師、吉本興業所属のオレンジの田中さんでした。
東海テレビの「ぐっさん家」にも出演されています。漫才師なのでちょっとふざけた感じの笑いいっぱいの体験会かと思っていたのですが、実際は意外にもとてもまじめな内容でした。

体験会なので、本講座のさわりを紹介されていたのですが、コミュニケーションの大事なポイントとしては「まず場を整える」と「ネタを準備しておく」というものでした。
「ネタを準備しておく」では話したい面白いエピソードを3つくらい選び、その話で何が伝えたいのか(つまりオチですね)をはっきりさせて、伝えたいことが伝わるように文章を仕上げるということでした。
具体的にどうするのか例を使って解説されていて、自分でもできそうかなと思える内容でした。さすがコミュニケーションのプロですね。ただ話すのではなく、こういう準備をしっかりしているからコミュニケーションが上手なのだと、言われて見れば当たり前のことですが、大きな気付きを得ることができました。

オレンジ田中さんのブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/ortanaka_blog/64653603.html

2018年7月 ~座りっぱなしによる健康への悪影響~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
オフィスで事務仕事をしている人は、一日中座りっぱなしという方も多いと思いますが、この長時間座りすぎの状態が健康に悪影響を及ぼしているということをご存知でしょうか。

先日「職場でできるこころとからだの簡単リラックス法」という勉強会で、この話を伺いしました。

オーストラリアの研究では1日の総座位時間が4時間未満の人に比べて、8時間以上で15%、11時間以上で40%も総死亡リスクが上がるとのことです。
その理由として、座って足の筋肉が動かない間「第二の心臓」と言われるふくらはぎが血流を押し戻さなくなるためで、1時間座りっぱなしの場合、血流のめぐりが約50%もダウンするとのことでした。
こまめに立ち上がって少しでも体を動かすことが重要で、ちょうど学校の授業が40~50分となっているのが目安になるとのことでした。

自分を振り返ってみると、外出していることもありますが、事務所にいるときはたいてい座っています。
また、外出時も電車や車に座って乗っていることがほとんどなのでこのケースに当てはまりますね。
自分も、そして一緒に働く社員も長時間の座りっぱなしにならないように、こまめに体を動かすようにしたいですね。
勉強会では「からだに負担をかけない座り方」「座りながらできる簡単エクササイズ」などを教えてもらいましたので、早速職場で広めたいと思います。

2018年6月 ~ビデオ会議アプリ「ZOOM」~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
「ZOOM(ズーム)」というアプリをご存知でしょうか。いわゆるビデオ会議のアプリです。

離れた場所にいても、パソコンやスマホからインターネットを介して顔を見ながら会議ができます。
画面共有もできるので、手元の資料をパソコンやスマホに取り込んでおけば、離れている相手にも見せたり、指し示したりすることもできます。

先日、社内で行っている打合せをこのZOOMを利用して行ってみました。
3名での打合せでしたが、それぞれ3か所からビデオ会議に参加しました。
私は取引先との打合せの後、近くの公園からビデオ会議に参加しました。
公園のベンチに座って、モバイルパソコンにイヤホンマイクをつけて、ビデオ会議にアクセスしました。
パソコンはモバイルルータでインターネットに接続してあります。ひと昔前のアプリで行うビデオ会議は、途中で画面が固まったり、音声が途切れたりして、残念ながら業務で使えるような品質ではないイメージでしたが、今はすごいですね。

モバイル環境でしたが画面も音声もとてもスムーズで、声のトーンや顔の表情などから相手の気持ちがとても伝わってきて、約1時間の打合せを、ストレスを感じることなく終えることができました。

これだけ安定した品質でビデオ会議ができるのであれば、社内に限らず取引先のご担当者との打ち合わせにも活用できそうです。
今後、この「ZOOM」の利用シーンはますます増えそうですね。

ZOOM
https://zoom-japan.net/

2018年5月 ~新規のお客さまからのお問合せ~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。

最近、新規のお客さまからネット経由でお問い合わせをいただくことが増えてきました。

先週は、インターネットアクセスの稼働率を落とさないようにアクセス回線の冗長化をした「ダブル回線あんしんネット」のお問合せを2件いただきました。

普段、ネット経由でのお問い合わせはほとんどないのでちょっとびっくりもしましたが、大変ありがたく感じています。

私どもが提供しているネットワークシステムは、既存のお客さまには長くお使いいただくことが多く、こちらもとてもありがたく感じています。

同様にもっと新規のお客さまにもご利用いただき、少しでもお役に立ちたいと思うのですが、力不足のためまだ広くお伝えするには至っていません。

ネットで検索して私どもにお問い合わせをいただくということは、なんらか業務でお困りなんだと思います。

その方のお役に立てるよう、どんな情報を欲しているのか、どんなサービスを望んでいるのか、その先にいるお客さまのお役にたてるのかなど、これからいろいろと確認しながら新規のお客さまとの接点を増やしていきたいと思います。

2018年4月 ~新卒採用で改めて考える経営理念~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。

2月のこのコーナーでも取り上げましたが、現在弊社では2019年卒業の新卒採用に取り組んでいます。
先日、合同企業説明会に参加し、そこで出会った学生さん数名が弊社での会社説明会に足を運んでくれました。
来社いただいた学生さんのことをとてもありがたく思っています。

今回の件では、学生さんだけでなく、実は弊社の若手社員にも感謝しています。
それは彼らが、今回の合同企業説明会、そして会社説明会を準備する中で経営理念について深く考えてくれたことです。
弊社の今の経営理念は私が社長を引き継いだ後に文言を変えました。

自分としては想いを込めた経営理念でしたが、社員にしてみると今更感があったのだと思います。
なので職場に浸透しているとはいえない状況でした。
ところが今回の採用活動ではその空気が一変しました。
経営理念に込めた想いを学生さんに伝える必要があるため、若手社員の一人ひとりが経営理念について深く考えてくれるようになったのです。
独自の視点からの質問をしてくれたり、わかりやすく伝えるためにイラストにしてくれたりと、一人ひとりの持ち味を生かした準備をしてくれました。
新しい仲間になってもらう学生さんに経営理念をちゃんと説明できるようにと準備をしてくれている姿はとてもありがたいものでした。

今はまだ採用活動まっただ中でその結果がどうなるかはわかりませんが、今回の採用活動を通じて経営理念が社員たちにも浸透し始めたということには確かな手ごたえを感じています。

2018年3月 ~箱根駅伝4連覇 青学原監督の講演~

こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。

先日、名古屋商工会議所の主催のセミナーで青山学院大学 陸上競技部監督の原 晋さんの講演を聞く機会がありました。

講演テーマは『 青学陸上競技部 躍進の秘密 』~箱根駅伝に学ぶ人材育成術~で、とても期待をして参加しました。
内容は期待通りとても素晴らしく、あっという間の90分間でした。

そんな中で私が一番印象に残った話は、陸上競技の指導者としての実績もなく、箱根駅伝の経験もない原さんが監督に就任した最初のときの選手をスカウトしてくるときの話です。

よい選手を集めるために高校を訪問するのですが、何の実績もない監督に大事な生徒を任せられないと言われたそうです。
そのときに「10年後にこのチームを必ず箱根駅伝で優勝させる。そのための礎となるルール作りを一緒にしていこう。そして箱根駅伝に優勝したら、このチームを作ったのは君たちだと必ず言う」といって生徒を集めたそうです。
そして、彼らと共に強いチームになるための核となる部分を作り上げていったそうです。

将来の成功のためにしっかりとした計画を立て、今するべきことを伝え仲間を増やし、目標に向かってチームが着実に成長していく。その結果としての前人未到の箱根駅伝4連覇。

原さんはとてもすばらしい指導者だと思いました。

ちなみに駅伝において大事な核とは何かというと、それは「規則正しい生活」とのことで、まずは寮則の充実からスタートしたそうです。
ビジネスでそのまま通じる話に驚きました。
青学の快進撃はまだまだ続きそうですね。

2018年2月 ~新卒採用の取り組みで~

弊社では2019年卒業の新卒採用に取り組んでいます。
先日、そのためのセミナーに社員とともに参加してきました。

それによると、現状は採用氷河期とのことで大変厳しい状況とのことでした。
求人倍率(全体)が1.78倍と例年になく高い水準とのことですが、さらに300人以下の企業になると求人倍率は6.5倍と跳ね上がり、中小企業にはかなり厳しい状況が数値でもはっきり現れています。

そんな環境で採用を成功するためには、まず応募者に出会う必要があります。

私どもの会社に応募してくれる学生さんを見つけるために、会社PRや、プレゼンテーションを行っていきます。

その際に大事なことは、応募者との信頼関係づくりとのことでした。

その後面接、選考等をしていくことになりますが、その際にいい人を選考して一方的に合否を伝えるのではなく、あらゆる機会を通じて応募者との信頼関係を築くことが第一歩だと教わりました。

今までの採用活動ではそんな考えをしたことはなく、いい人の選考をどうできるのかばかりを考えていましたので、このセミナーの内容にはかなりのショックを受けました。

採用環境が厳しいことには変わりはありませんが、こうした正しい採用についての考え方を知ることができましたので、この考えを基本方針として、新卒採用で成果が出せるようにしていきたいと思います。

 2018年1月 ~陸王のロケ地~


こんにちは。アーツネットウェーブの太郎良です。
タイミングが遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の10月から放映されていた「陸王(りくおう)」という人気のドラマがありました。
見られた方もいらっしゃると思います。
原作は「半沢直樹」や「下町ロケット」などで有名な池井戸潤さんです。

このドラマ「陸王」は、埼玉県行田市の老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」を舞台に、足袋製造の技術力を生かしたこれまでにないランニングシューズの開発を、社長の宮沢を中心に試行錯誤をしながら進めていくというものです。
私も中小企業の経営者の一人として、毎週楽しみに見ていました。

このドラマ「陸王」の舞台となった埼玉県行田市ですが、実は私の実家が埼玉県で、その行田市のとなり町なのです。
そこで年末年始の帰省の際に、ドラマの「こはぜ屋」の外観を提供していたロケ地に行ってきました。

周辺は思った以上に狭い路地でちょっと迷ったのですが、路地の先にドラマと同じ外観が急に現れてきました。
おお~「こはぜ屋」さんだ!
実際の建物を目の当たりにすると、中からドラマの役者さんたちが本当に出てきそうな感覚になり、心に残ったドラマの名場面がよみがえってきました。

実家の周辺は特に何もない田舎町なのですが、このドラマのおかげで思いがけず楽しい思い出を作ることができました。
偶然とはいえ、ありがたいですね。

日曜劇場「陸王」
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

プロフィール
埼玉県出身/1967年生まれ/AB型 さそり座。
1991.3 名古屋大学工学部情報工卒業。
㈱リクルート、㈱アーツを経て、2003.7に㈱アーツネットウェーブの創立メンバー として参加。
2013.9より代表取締役に就任。情報セキュリティアドミニストレータ。

2017年11月、12月の「今月のひとこと」記事は こちら
2014年9月~2017年10月までの「今月のひとこと」記事は こちら(弊社情報サイト)

【名古屋】中小企業向け通信ネットワーク構築・保守の専門家 TEL 052-508-8411 株式会社アーツネットウェーブ受付時間9:00-17:00(土・日・祝日除く)お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.