・現在、自社で構築した無線アクセスポイント(以下、無線AP)を3台置いているが、使えたり使えなかったりの状況で、とても業務では使えない状態となっている。
社内に詳しい人はいるが、忙しくてなかなかつかまらず、何かあった場合の担当は、総務である自分となっているが、詳しくないため対応に困っている。
現状の無線LANを見直し、本格的に無線LANを導入し、工場全体を無線LAN化したいと考えている。

  (愛知県・製造業)

【お助け事例】
★対策
広い工場内で最適な機器構成になるよう調査・設計し、無線LANを再構築。
保守サポートつきなので導入後もお客様をサポート。

広い工場となると無線APも数多く必要となり、たくさんの無線APをどう配置するか、無線APの数を最小限におさえるにはどうしたら良いか難しい課題となってきます。
これまでの豊富な工事経験を活かして高度な無線LAN案件に対応可能な業務提携先・三友電子株式会社とともに事前に調査を行い、建物約4,000㎡という広い工場内でも問題なく工場全体で無線LANをご利用いただけるように設計をいたしました。
設計により工場全体で合計10個の無線AP機器を設置することになりました。
(これまでの無線AP 3台は撤去しました)
また、工事の際も、工場の稼働に影響のないように、作業を分けて予定を組んだり、どうしても稼働を止めていただかないといけない部分については、工場がお休みの土曜日に実施いたしました。
運用面についても、弊社によるリモートサポート対応が可能な保守サポート付きで安心してご利用いただけます。

★導入効果
・広い工場全体で無線LANが安定して使用できるようになった。
・専任者がいなくても、弊社の保守サポート対応により、リモートサポート対応が可能となった。

私が担当しました


広い工場全体での無線LANの工事となると、難度が高まりますが、経験豊富な業務提携先 三友電子株式会社の協力を得て、お客様に安心してご利用いただくことができました。
また、運用面でもお客様がお困りにならないよう、現地に行かなくてもすぐにサポートができるリモートサポートについても喜んでいただけました。
法人用で特に無線APの数が多い場合は、単に価格のみで業者を選ぶのではなく、設計、構築力、アフターサービスの面においてもご確認いただきたいところです。

お助け事例 まとめ
●広い工場で無線LANをより安定して使うには高度な技術と経験が必要となる。

●自社での運用が心配な場合は、導入後の保守サポートがあると安心。

 

※保守サポート付きの中小企業向け無線LANサービス 無線LAN構築保守パック 詳細はこちら