・新たなシステム導入のためVPN(拠点間ネットワーク)構築が必要となり、
「フレッツ光」を新規で契約することになった。

利用場所は複数の県で10拠点ほどあるが、開通時期も揃えたい。

「フレッツ光」の申込窓口は、利用場所の県ごとに違うと聞いているが、
どのように手配すれば良いか。

  (三重・運輸業様)

【お助け事例】
★対策
 県ごとに異なる窓口を専任スタッフが一括窓口となって
フレッツ回線手配代行

弊社専任スタッフ・フレッツ担当がフレッツ回線の申込から開通まで、
NTT窓口担当者との電話でのやりとりを
お客様に代わって対応いたしましたので、
お客様は弊社とのやりとりだけで済みました。

利用場所に関係なく、
申込、現地調査・事前工事・開通工事の日程調整まで、
同じ専任スタッフがワンストップで対応いたしました。

お客様へのご連絡は電話ではなく、基本メールで、
全拠点の進捗状況が一目でわかる進捗一覧表もご用意しました。

★導入効果
・「フレッツ光」の利用場所が複数の異なる県であっても、
  お客様がバラバラとNTT窓口担当者からの連絡を受けることはなく、
  ワンストップで「ネットワークお助け隊!」フレッツ担当との
  やりとりだけで済んだ。

・ネットワーク用の回線だと理解して手配しているので、
  各拠点の開通時期もネットワークの開通スケジュールに揃えて開通できた。

 現地調査や開通工事の日程連絡については、
  メールでの連絡で、間違いがなかった。

・進捗一覧表もお送りすることで、一目で全拠点分の状況が理解できた。


★費用
  直接NTT西日本/東日本に依頼する場合と料金は同じです。
 手配代行についての費用はいただいておりません。

お助け事例 まとめ
●利用場所に関係なく「ネットワークお助け隊!」がワンストップで
  「フレッツ光」を申込~開通まで手配代行


●ネットワークのスケジュールにあわせて一斉開通

メールや進捗一覧表の活用で、拠点数が多くても
 
確実でわかりやすい対応