【ご相談内容】
  • 社員寮の各部屋で無線LANを利用できるようにしたい。
    外国から来ている研修生向けの寮なので、海外とのやりとりが多い。
    会社側で無線LANを整備し、研修生にとって、海外とのやりとりに負担がかからないようにしたい
【お客様情報】

*VPN…拠点間ネットワーク

【対応】
  1. 業務提携先の三友電子株式会社とお客様へのヒアリングと現地(寮)の確認。
  2. フレッツ光回線(ファミリー)を会社として1本契約し分配。
  3. 各部屋に、コンセントの中に埋め込まれる小さな無線AP(無線LAN機器)を設置。
  4. POE HUB(給電可能な通信を分岐する機器)からLANケーブルで各無線APに給電

【結果】
  • 各部屋で会社側が用意した無線LANが使えるようになり、社員の方々には無線LAN利用については料金の負担なしでご利用が可能。
【担当からのひとこと】

お客様が寮の無線LANを構築するにあたって、フレッツ光回線の引き込み、ONU、ルータ等の設置、各部屋のLAN配線工事についてどのように構築すれば良いかお困りでしたので、お客様のお困りごとが解決できてよかったです。
さらにコンセントの中で使える無線APを各部屋に設置することで、部屋内に新た機器を置くことなくスッキリとした空間となっています。
ONUとルータの収納BOX取り付けと各部屋へのLAN配線工事は弊社の業務提携先である三友電子株式会社にて作業を行いました。
無線APの機器が、各部屋のコンセントに入らないといけないので、事前の調査・確認等、準備は綿密に行いました。
(営業担当)


“無線LANの構築・見直し”をご検討中の方はまずお気軽にご相談ください。
貴社の状況を確認した上で、ご提案から構築、そしてその後の運用サポートまで対応させていただきます。
お問い合わせはこちら