こんにちは。アーツネットウェーブ 事務スタッフです。
在宅勤務を始めて約4ヶ月が経ちました。
改めて振り返ってみると、「もう4ヶ月も経ったのか」と自分でも驚いています。不安でいっぱいだった初めの頃を懐かしく思います。

今では当たり前のようにTeamsで会議を行っています。
まさか自分がこんな事ができるとは初めの頃には考えられなかった事です。
こうして、何不自由なく会議に参加できているのもエンジニアができる環境を整えてくれたおかげだと感謝しています。
最近ではTeamsのチャットを使用する頻度が多くなりました。
重要度が高くないちょっとした連絡をこのチャットでできる為、便利になりました。
チャットでは実際に顔を見て会話をする事はできませんが在宅勤務時の孤独感が少し解消できます。

また、毎日昼過ぎに出勤者と10分間体操をするのですが、行う体操の画面をTeamsを通じて皆同じ画面を見ながら体操ができるように画面共有の仕方をエンジニアから教わり今では皆に画面共有ができるようになりました。
簡単な事かもしれませんがTeamsの機能を少しずつ学び使えることは機械ものに弱い私にとって、ちょっとした進歩です。
在宅勤務でも出勤時と同様、会議に参加できたり会議以外のところでお互いの顔を見ながら会話ができたりと本当に便利な物があるものだと感心しながら使用しています。
これから先、在宅勤務時に使用できる便利なツールが新しく増えていくかもしれません。
そのような新しいものにも柔軟に対応できるように、初めから「自分にはできない」と思うのではなく「知ろう」と思う気持ちが大切だと思いました。