「移転当日、通信ができない」


このように、回線とプロバイダが合わないことで、業務に支障が出ているケースがありました。

回線とプロバイダは正しい組み合わせでないと、通信ができなくなってしまいます。

事務所や店舗移転の際の回線手配の際、くれぐれもご注意ください。

「新サービスが出たので」「よりお得なサービスができたので」等の理由により、移転先で使用する回線に、移転前に使用していた回線とは違う種類のものを手配してしまった場合、プロバイダや通信機器も変更しないと使えなくなってしまう場合があります。

契約のご変更・新規契約の手配は、即日対応ができず、手配には日数を要する場合がございます。
業務に支障が出ないためにも、正しい組み合わせでの手配をお願いいたします。

弊社と保守サポートのご契約を結んでいただいているお客様におかれましては、ご移転が決まられた際には、弊社(アーツネットウェーブ)までご連絡ください。
回線の手配も承ります。
現状のご契約につきましても、あらためてご説明させていただきます。

また、ご移転に伴い、回線の種類が変更となる場合は、弊社まで必ずご連絡ください。

“拠点間ネットワーク(VPN)”をご検討中の方はまずお気軽にご相談ください。
貴社の状況を確認した上で、ご提案から構築、そしてその後の運用サポートまで対応させていただきます。
お問い合わせはこちら